純ジャパ女子が海外で戦うブログ

生まれも育ちも日本の田舎!純ジャパのアラサー女子が海外で仕事したり恋愛したりの奮闘を描くブログ。ネタしかない人生!

男性の本命になる簡単な方法

 

世の女性をたくさん見ていると、どう考えてもとっても条件も良く性格もよい、さらに美人なのにいつも男性からすると遊び止まりであったり、結婚まで至らないケースが多いということに気づく。

そりゃ美人であれば恋愛市場においては圧倒的に有利なのは疑いようのない事実なのだが、結局本当に男性に愛される女性というのは行動とメンタル次第なんではないかと思うようにアラサーになってから気づいた。

恋愛では惚れたら負け、という言葉があるが、正確に言えば惚れてもそれをコントロールできるかどうかに恋愛上手と下手の分かれ目はある。

 

前置きがだいぶ長くなってしまったが、男性の本命になるために必要となるのはこのコントロール力がベースとなってくる。最初は向こうからのアプローチだったのに、気づいたらこっちが尽くしてる!?っていうパターンを分析していると気づいたのだが、そういう女性はたいてい好き!という気持ちをコントロールせずに連絡を頻繁にとってしまったり、あれこれ男性に世話を焼いたりとやらなくていいことばかりやってしまっているのである。

 

自分に正直になることはとっても大事だ。しかし、そこは正直になるというよりかうまくコントロールする必要がある。結局尽くす女はただの都合のいい女であって、本命の女になることはほとんどない。じゃあほっとけばいいの?という声が聞こえてきそうだが、これもまた少し違う。

 

本命になる女は、男をその気にさせて女に尽くさせることができるパワーを持っている。

 

しかも、そうするにはシンプルな行動だけで十分なのだ。ただ、男性に小さなお願い事をどんどん頼めばいいだけ。そして、かなえてもらったら大いに喜んであげる。ほんとにこれだけである。男はだれしもヒーローになりたいものである。その心理を上手く利用すればいいだけ。男性は尽くせば尽くすほど、女性のことを大事に思い、守りたいと思うものだ。

小さな感謝を忘れず、そしてここぞというときに優しさを見せるくらいが女性はちょうどいいバランスなのである。美味しいものを食べたらおいしそうな顔をする、楽しいことがあれば笑顔になる、ただそれだけ。

 

私は以前、ぶりっ子やか弱い女性に対してアレルギーがあった。しかし人間変わるもので、年を取っていくと、やはり女性はどこか弱い部分があることを受け入れるようになった。それが普段強い女性をより魅力的に見せてくれるものなのだ。仕事や友人の前ではバリバリ強い自分でもいいし、何か夢中になれることがあれば頑張ったほうがいい。でも、彼氏や旦那の前では守ってもらいたい!という気持ちを忘れずにいたほうがいいだろう。(忘れないでほしいのは、人生の中心は男性ではなく自分である。むしろ人生の軸を男に置かないほうがいい)

 

 

 

 

喧嘩ばかりしているカップルの原因と対処法を学んだ

 

普段とっても穏やかなベトナム人彼氏ベトちゃんと付き合っている私ですが、そんな私たちでもめちゃくちゃ喧嘩している時期がありました。もう会うたびに喧嘩して、私も心身ともに疲れて行ってしまって真剣に別れを考えたこともありました。

 

しかし、そんな時期が1か月ほど続いた後、驚くほど喧嘩がなくなり、今は仲良く過ごせています。私もそんな時期を迎えたのは初めてだったのですが、今回の経験からなぜそんなことが起こるのかを考察してみました。

 

喧嘩の原因は、思い込みと期待のし過ぎだった

今思い返してもあーっ恥ずかちー!ってなっちゃうんですけど、結局根本的には勝手な被害妄想的な思い込みと期待のし過ぎにあったような気がします。なんでかっていうと、ベトちゃんは本当に尽くすのが好きな男性です。毎週お花なんか買ってきてくれちゃうやつなのです。

しかし、毎週のお花がルーティン化するとまた来週も買ってくれると当然のように思ってしまったのです。当然、ベトちゃんも人間なので忙しいときとか余裕ないとき、忘れちゃうときとかあるわけですよね。んで、忘れたときにはあーもう私のこと好きじゃなくなったんだ!という具合にイライラし始める私でした。ほんと子供ですよね。

 

結局、期待しすぎると次もこうしてくれるだろうという勝手な期待に変わってしまうのです。お花なんて買ってくれたほうがラッキーくらいに思っていれば喧嘩などするどころか、買ってきてくれた時には心から感謝できるでしょ。

だから、ほとんどのカップルはどちらかが過剰に相手に期待しすぎることによって、イライラが生まれやすくなっちゃうのです。相手だって一人の人間なので、自分の思い通りにならないことのほうが多いはずです。でも時間がたつと、それを忘れてしまう。それが倦怠期とか喧嘩が多い時期につながってしまうのかなと。

 

解決策は鈍感力と感謝の気持ち

 

そのころの私は自分の感情を自分でコントロールできなくなっていました。もう何度もけんかして、何度も泣いて、もう別れたほうがいいのだろうかと思っていたのです。相手に気持ちはあったので、なおさら悲しかった。

しかしそんなとき、仲のいい男友達に相談してやっと冷静になりました。ベトちゃんが忙しい中どれだけ私のために行動してくれているのかや、普通の男だったら逃げ出してるぞ!と喝を入れられてはっと気が付いたのです。

やってもらうことが当たり前になりすぎて、最近感謝とかしたことなかったなぁと。

それからは私がベトちゃんに何をしてあげられるかを考えるようになりました。

そうすると、私たちの関係は劇的に改善していきました。

 

もし今悩んでいる人がいれば、ふと立ち止まって考えてみてください。自分が相手にとって何ができるかをまず考えれば、きっと関係は改善されるはずです。

 

 <a href="//overseas.blogmura.com/ranking.html"><img src="//overseas.blogmura.com/img/overseas88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 海外生活ブログへ" /></a><br /><a href="//overseas.blogmura.com/ranking.html">にほんブログ村</a>

ブラジリアンワックスで新世界を見た

 

おまたにはちみつのようなワックスを塗りたくり、一気にべりっとはがすアレ。そうブラジリアンワックス。に初挑戦したのはフィリピンであった。

もとはといえばフィリピン人彼氏と初めての夜の際に、「なっ、、、なぜ毛が生えてるんだ!」と驚愕されたのがきっかけである。海外においては、アンダーヘアはきっちり処理してくるのがエチケット。というのが常識だったらしく、何も知らないピュアな私は逆にどうしていいかわからなくなった。

しかしパイ◎ンはあまりに抵抗があったので、お互いに話し合った結果、結局アンダーヘアは短くカットするという方法に落ち着いた。ぜったい全剃りなんぞするものかと日本人女子の意地を見せたかったのだ。

しかし、事態はその後急展開を迎える。このときは誰も予想だにしなかっただろうが、私の悪い癖でもある好奇心が勝ってしまい、ブラジリアンワックスで全部毛をなくすことを決意した。ちなみにその時の同僚Mちゃんも遠距離中の彼氏がいるとかで一時帰国する際に会うので、ちょっと変化を楽しみたいとか言ってついてきた。

二人でブラジリアンワックスのお店に向かい、フィリピーナの店員からお姉さんたちあったかいのと冷たいのどっちがいい?冷たいのは痛いヨって言われたんでビビった私たちは迷わずあったかいのにした。

 

しかし、初めてのブラジリアンワックスは衝撃的だった。一気に毛をはがす瞬間の痛みは想像を絶していたからであった。Mちゃんもそうだったらしく、結局施術中はお互いの悶絶の声を聞きながら無事終了とした。

 

もう二度としないね!と言いながらその日は二人でスムージーなど飲みながら帰ったわけだが、Mちゃんと私はつるぺたの感覚に目覚めてしまう。

 

あれ、めっちゃ快適じゃね?

 

そもそも下着の中が蒸れない、痒くない、さらにトイレをした後もストレスなくすべてをふき取ることができる。なんて快適なんだ!!!!と目覚めてしまったのである。

結局Mちゃんとはその後数回はブラジリアンに行ったと思う。残念ながらそのフィリピン人彼氏とは別れてしまったが、そのあとも快適さが病みつきになってしまったのだ。

まだ試してない人、レーザーと違って1か月くらいで生えてくるんでぜひ試してみてほしい。きっと新世界が開けるかも。

 

結局一番怖いのは海外に住んでいる日本人なのか?

 

ちょっと気持ちがどんよりするようなテーマですが、海外に長く住んでるとよくあるのが日本人同士のいざこざ。もちろん、海外に住んでいる日本人は考え方があっている場合が多く、一生付き合えるような素敵な人もたくさんいた。

しかし、逆もしかりでもう二度と会いたくないと思う人もいる。

 

海外で働いていると、どうしても日本人コミュニティに参加しなくてはいけないこともある。特に仕事が絡むと仲良くしておいたほうがいいし、いざとなったら助け合っていけるような貴重な仲間でもある。日本語でしゃべりたくなることもあるし、職場以外にコミュニティがあることはとてもよいことだ。

ただ、これは私の持論ですが、以下のパターンの日本人に関しては警戒して臨むようにしている。それは、日本が嫌い、日本になじめなかったというネガティブな理由から海外へ渡航しているタイプの人である。

人は、一般的に人を攻撃する背景には相手のことをうらやましいと思っていることがほとんどだ。もしくは、コンプレックスや触れられたくないところを付かれたとき。

私はそういう人を刺激してしまうタイプらしく、少し目立つと現地に長く住んでいる日本人からチクリと嫌味を言われたり、いやがらせにあってしまうことも珍しくはない。

理由は様々。年齢コンプ、学歴コンプ、仕事コンプ、待遇コンプなどほんとありとあらゆる方面から嫌がらせを受ける。

長く海外に住んでいる日本人が勘違いしがちなパターンとして、新しくその土地にやってくる人がいると「お、新入りが来たな。よしよし」というなぜか上から目線になることも少なくはない。いろいろ教えてやろうとした矢先、その新入りが特にその人のことを気にしないようなそぶりでも見せようものなら急に心証を悪くする厄介な人もいる。

 

また、いわゆる海外デビューを狙っている痛い日本人もいる。日本ではパッとしなかったが、海外に来て急にイケてる人としか仲良くしない自分を演じようとする人をよく見かける。ちなみに私は日本でも海外でもそんなにイケてないので最初はだれとでも話すが、自分をイケてるコミュニティに置きたい人は私のようなイケてない人に対しては存在自体を無視したりするのでけっこう悲しいものがある。(でもそういう人は見た感じでなんとなくわかるんでべつにどうでもいい)

というわけで、私は海外にいても日本人コミュニティには属していない。しかし、本当に好きだとか気が合う日本人を見つけた場合はとことん仲良くする。サークルではなく、個人として向き合うほうが私には向いているらしい。

 

海外に行ったら、日本人だからというよりは個人を見て人間関係を構築したほうがいい。海外に長く住んでおり、人格的にも優れた人は本当に一生の友であり、良きアドバイザーにもなるのである。

 

 

イケメンのせいで6か月間家でウンチできなかった話

 

毎回センセーショナルなタイトルでスミマセン。

こっち系の下ネタは私の中でかなり大きな意味を持つのですが、高校生の時に過敏性胃腸炎をわずらってからずっとお腹の調子が悪い。むしろ常に不安定すぎてそれが普通になりつつある感もある。

 

オーストラリアでイギリス人とオーストラリア人の若いイケメンと半年間暮らしたことがあるわたしですが、その際に一番困ったのがトイレ問題。家はアパートメントで、かなり狭かったんでトイレの音が割と家中に筒抜けちゃうのね。

 

男ども二人は気にすることもなくブリブリやってたんだが、いかんせん私の女子力のかけらはそれをプライド的に許すことができなかった。私のトイレタイムは主に起きてから40分前後だと決まってるんだが、残念なことに絶対その時間帯に家に誰かいる。

 

普通だったらここで割り切ってやるんだろうけど、いかんせん二人ともイケメンだったんでできなかった。

 

そこで私がどうしたかといえば、朝起きてご飯を食べた瞬間に歩いて15分の最寄り駅のトイレにお世話になってた。しかも毎日。時には漏れそうなときもあったけど、あのウ◎チをするときの恥ずかしい音を聞かれることの屈辱に比べればどうってことなかった。

 

こんな生活を半年くらい続けていてさすがに疲れ切ってしまった私は、引っ越すことに決めた。一度無理!って思ったら無理になる謎の現象ってありませんか?まさにそれ。引っ越すと決めてからはかなりスピーディーに手続きしたんで予定より2週間も家を出ることができた。

 

でも二人ともいいやつで仲もよかったから、オーストラリア人男のなんでこんな早く出て行っちまうんだ!っていう悲しい顔は今でも忘れられないし胸が痛む。

 

安心してウンチができなかったから、なんて言えなかった。今でもほんとごめんなさいと思っている甘酸っぱい経験であった。

 

とにかくウンチを我慢することによるメリットは何もないんで、そういうのはしっかり健康のためにも出したいときに出せるようにしとこうね。

 

フィリピン人男の執念!別れたら壮絶な長期戦になった話

 

f:id:a_k_s:20180522180039p:plain

立つ鳥跡を濁さず。そんな言葉はフィリピン人男には存在しない。

捨てられたら地獄の果てまで追ってくるのがフィリピン人男。そして、妊娠させたらどこまででも逃げ切るフィリピン人男。そんな愛すべきフィリピン人男と壮絶な別れを体験した。(※ちなみに妊娠はさせられていない)

 

前回の記事でも紹介したが、元カレRはフィリピン人男であった。とにかく顔がイケメンだったので付き合ったが、結構好きだった。いやまじで。でも周囲は大反対だった。親にも絶対結婚しないでくれと懇願されていた。(かなり好きだったがそこはまずないと思っていた)

 

彼はバツイチ子持ちであった。フィリピンでは離婚が認められていないため、別れたくても法律上はわかれていない場合がほとんどだ。Rも若い時に結婚し、そのまま別居になり、妻と真剣で争っている状態であったそうだ。

 

オフィシャルガールフレンドになってしまった私は、付き合って数か月たった頃、彼の地元の実家にお邪魔した。その時に元カレが私を地元の人に見せびらかしてしまったため、その情報が元妻に入ってしまったらしい。ここで発揮されるのがフィリピンの嫉妬心。自分より幸せに、しかも日本人女性となんか許せない。と火がついてしまった元妻は、それから元カレをストーキングするように。(信じられないことに、元妻もすでに彼氏がいたという)

 

Facebookで元カレにかかわるすべての人とフェイクアカウントで友人になり、私のことを聞きまわっていた。ついに私にも連絡が来るようになり、身の危険を感じてしまった。Rも親権争いに不利になるのと、私に危害が及ぶことを恐れていたようだったので、いったん距離を置こうと私から提案した。しかし、めんどくさくなってしまった私はそのまま別れを告げた。

 

私としてはきれいさっぱり別れられたのであーよかった!と安堵していた。しかし地獄はこれからだった。わたしはRと別れた後に金持ちのフィリピン人男性からアプローチされていた。それを知ったRは怒り狂い(別れた後なのに…と思ってた)、仕事を首になった後も無理やり私と同じ職場のゴリラみたいなおばちゃんと付き合いだした。そして、毎日私のもとにそのおばちゃんとのラブラブっぷりを見せつけるためにやってきた。しかし相手はゴリラおばさんだったので皆で失笑していた。

 

もっと厄介だったのがゴリラおばちゃんにRはすべてを話していた。それが広まり、近辺のフィリピン人たちから私は悪女としてイジメにあうようになってしまった。おばちゃんはなぜか以上に私に対して嫉妬心や対抗心があり、かなり苦痛を受けた。おばちゃんはRにお金を貢いでおり(裏のほうでこっそり渡してた)、どこかで本当に愛ではないことに気づいていたのかもしれない。フィリピン人男の常とう手段はこのような当てつけ行為にある。しかもしつこい。

 

さらに、Rは日本へ行くと言い出した。もう私はノイローゼ寸前であった。そしてあれから2年。私は安全な国におり、新しい彼氏もできた。しかし、元カレRは削除されたアカウントのプロフィールを新しい彼女に変えては私にリクエストを送り、幸せアピールをしようとしている。でもまたその彼女が不細工なのでスルーした。

 

このようにフィリピン人男は執念深いうえに、嫉妬心が半端がないので付き合うときは気を付けたほうがいい。っていうか、付き合わないほうがいいと思う。経験者としていえることは、付き合って得なことは何もないよ!ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒモになるプロであるフィリピン人男を破産させた話

 

f:id:a_k_s:20180522174247p:plain

フィリピン人の男はまったくもってヒモになる天才であると言える。こればかりは私も感心してしまうわけであり、ちょっとうらやましくもある。

 

フィリピン留学中にとてもかわいい日本人Sちゃんと出会った。Sちゃんは学校の食堂スタッフであったイケメンフィリピン人と遊ぶようになっていった。Sちゃんもかなりの遊び人だったんで、まあ真剣な付き合いではないのだろうと見守ることにした。

 

フィリピン人イケメンとのデートは基本割り勘であったらしい。しかし、徐々にその割り勘は減っていき、最終的にはSちゃんが払うようになっていった。しかも、従妹や兄弟の教材費が買えないという理由でフィリピン人イケメンはSちゃんにお金をたかるようになったらしい。

わたしからするとこんな美人なSちゃんと体の関係を持てるだけでも飽き足らず、さらに金までせびるとは本当にフィリッピン人男はすげーなぁと思っていた。

 

しかしお金に関しては私も負けたくない。その一心で、フィリピン人元カレを破産させたことがある。元カレとはいろいろあってすぐに付き合うことになったのだが、最初はめっちゃチャラいな~って思っていた。最初からホテルに誘ってくるくらいダメ男であった。私もイケメンと遊べたら万歳!くらいだったんで特に何も考えてなかった。

 

しかしなぜかその交際に関してフィリピン人元カレRは結構真剣だった。実家に連れて行ってもらったり、クリスマスなどのファミリーイベントに来てほしいといわれ、地元の村中の人に紹介されることになった。(これが原因で後々地獄を見るのだがそれは別記事でいつか書く)

 

いろいろ事情もあり、周りに内緒で付き合っていたので会う場所はいつもホテルだった。ビジネスホテルといえども一泊1000ペソ(3000円くらい)するので、日本人からすると屁でもないが月の給料が7000ペソのフィリッピン人からするとかなりの出費である。

全額ださせるほど私も鬼ではないので、割り勘にしてもらっていた。それでも500ペソ。まあまあの出費。しかし私は何もその時考えていなかった。

しかし、元カレのRはきっちり払ってきた。フィリピン人男にしてはやるじゃねえかと思っていたが、それは友人や家族からの借金だったことがのちに発覚する。2000ペソ程度借金をしていたらしく、フィリピン人にとっては結構な額だったので私も驚いた。

 

しかしそこで払ってやってはヒモ男の思うつぼなので、私は断固金を出さなかった。その結果、Rとはほかのトラブルもあり別れることになった。ちなみに元カレはその借金を返すためゴリラみたいなおばさんと付き合ってお金をもらっていた。(この話も今度書く)

 

結果的にはかわいそうなことをしたかもしれないが、本気で日本人女性と付き合おうと思えばそれなりの金が必要になるというプライドは譲れなかった。私は恋愛中もその辺はかなり冷静に考えることができるほうなので、流されることはない。(誤解の内容に言っておくが、Rは歴代彼氏の中で最も夢中になった彼氏でもある)

 

貢ぐ体質の女性はフィリピンへ行くべきではない。貢ぎ地獄に陥ってしまう前に、フィリッピン人男性は金持ちを選びましょう。