インサイドヘッドの感想。

 

本日公開ということで、インサイドヘッドさっそく見に行ってきました。

もちろんひとりでな!

 

実はピクサー映画は随分御無沙汰だったわけですが、アナ雪を友人に誘われて見に行くとそのクオリティとアイデア、圧倒的な構成力に度肝を抜かれました。「最近のピクサー(ディズニー)ってこんなことになってるの!」とその次のベイマックスを見に行くとまたしても鳥肌ものの映画がそこにありました。たかがアニメと思っていた私の価値観は一気に崩壊。そこで、今回も大きな期待を抱いて見に行ってきました、インサイドヘッド。

 

忘れないうちにインサイドヘッドの感想を書いておこうと思います。

ネタバレはしないようにしてますが、どうしても気になる人は読まないほうがいいかもしれません。

 

※インサイドヘッドの感想※

 

まず、この映画ですが素晴らしいの一言です。

見た瞬間、「あ、今年も何かしらの賞とるなコレ」と思いました。

 

とにかく全編通して泣けます。割と泣きっぱなしで鼻水のやり場に

困るので必ずティッシュなりハンカチなり用意しておきましょう。

女性の場合はメイクは薄めにどうぞ。

特に子供を持つお母さんにはかなりぐっと来たようで、映画が終わっても

ずっと泣いている人も多数いました。というか私も全然お母さんじゃないけど

映画館のトイレで上映後うるうるしてました。

 

そのぐらい美しく、素晴らしい物語です。物語のテンポもよく、さすがピクサーといった構成力。そしてキャラクターの質感までこだわった繊細な映像。今回のテーマとしても触れられてましたが、とにかく人間に対する観察力は圧巻です。感情も喜怒哀楽、全員が生き生きと個性的に動いていました。アニメでありがちなべたな展開やギャグも素直に見れます。ところどころ爆笑シーンもありました。

 

ヨロコビは一生懸命主人公のライリーを幸せにしようと奮闘するのですが、ライリーが成長するにしたがって徐々に異変に気づいていきます。カナシミに接するうちに、ヨロコビは徐々に自分の考えを変えていく過程が非常に繊細で私もハッとさせられるところがありました。大人になればなるほど、複雑な感情は増えていきますしすべての感情は必要だから存在するんだなと気づかされました。

 

ネタバレになるので詳しくは言いませんが、この映画を見るとおそらく全員が、「ああ、自分の中にもこんなやついたな、最近はめっきり見ないけど、みんなどうしてるかな」なんて思える小さいころの自分だけの空想上のキャラクターを思い出すんではないでしょうか。こんな風に自分は育ってきていて、こんな風に見られていたんだなとしみじみ思うかもしれません。

 

ストーリー自体は特に特別なことが起こったりするわけじゃないんですが、身近なテーマをコミカルに仕上げつつ、しっかり泣かせてくるピクサーはただ者じゃないですね。見終わった後は喜怒哀楽、すべてを受け入れて生きていこうと前向きな気持ちになれる映画でした。

 

一点だけダメなところをあげるとするならば、インサイドヘッドの内容には直接関係ありませんがドリカムは完全に不要だと感じました。唯一の救いは本編上映の前にドリカムが流れたことですかね。これが本編後だったならば私は怒り狂っていたことでしょう。笑 映像も安っぽく、歌も安っぽく、まさかこれから本編突入するのかとハラハラしました。でもそういうこともありませんでしたのでご安心ください。

 

恒例のミニアニメはまずまずでした。前回のわんちゃんの方が躍動感あって好きでしたね。とにかく日本のお金儲け主義なのかわかりませんが、洋画のエンディングや曲を無理やり日本の歌手のものにすり替えるのやめてほしいですね。雰囲気ぶち壊しです。

 

感想は以上です。

とにかく、見て損はありません!本当に優れたアニメです。

ピクサーはやはり、一流のアニメ制作会社なんだなと再確認しました。

家族や恋人とぜひとも一緒に見に行ってください。