純ジャパ女子が海外で戦うブログ

生まれも育ちも日本の田舎!純ジャパのアラサー女子が海外で仕事したり恋愛したりの奮闘を描くブログ。ネタしかない人生!

予想だにしない展開だけどベトナム人と付き合うことになった話

 

しばらく更新してなさ過ぎた。これから頑張って毎日更新します。笑

 

さて、なんだかんだ言ってベトナム人の彼氏と付き合って半年がたってしまった。

 

元々彼との出会いはたまたま通った夜間の英語学校でした。仕事上の問題で3週間しか通えないというとっても短い期間だったのだけど、私が入学する1週間前にちょうど入学したのが彼であった。(以下、ベトちゃんと呼ぶ)

 

ベトちゃんはベトナム人というよりはどちらかというと韓国人に近い東アジア人顔でもあったので、最初に見たときは普通にどこの国かわからなかったことをよく覚えている。ちょうど向かい側に座っていたのだけど、なんだかとぼけた感じでぽやーっとしていた(これには理由があるが別記事で紹介します)のと、いつもFacebookの動画を見てニヤニヤしていたのが印象的。でもイケメンだったので気になってはいた。

 

最初に話したときに、かなりとぼけた受け答えをしてなんだか面白かったのでそのうちちょこちょこ話すようになった。そしたらいきなり入学した週の週末に住んでいる地元の街に美味しいベトナム料理が食べられるところがあるから行かないかと誘われてびっくりした。なんだか軽い人なのかなぁと不安になりつつも、おいしいベトナムフォーも食べたかったのでめっちゃ浮かれてたような気がする。

 

迎えた初デート前日は全く連絡がこず、待ち合わせ自体もどこなのかわからなかった。深夜をすぎても連絡がこず、かなり絶望した。仕方ないので、明日は約束してなかったですかね?といちおう連絡してみると、向こうからすぐ返信が来てもちろん!朝起きたら連絡してよ!と即レスでもうなんだか意味が分からなかった。行きたいのか行きたくないのやら?

 

しかしデート当日は本当に完ぺきだった。合流するなりすぐにタピオカミルクティーを買ってくれ、ベトナムフォー屋さんでもお会計もトイレに立ったスキにスマートに済ませ、そのあとはあんまり覚えてないけど海を見に行ったと思う。でもその日友達と夜から約束してたので、その日は解散した。彼も楽しかったようで、ずっと一緒にいようとしていたため阻止した(笑)女子的には初デートは軽く済ませたいよね・・・

 

2回目のデートでは観覧車に乗った。ベトちゃんが生まれてこの方観覧車に乗ったことないという現実に驚きすぎて、連れていくことにした。ベトちゃんはとってもはしゃいでいた。3回目のデートではまた海に行った。夕日を見に行く予定だったけど、朝から合流したいというベトちゃんに合わせて早めに合流。カフェとか行ってずっとしゃべっていた。海に行ってからはまた散歩しながら夕陽を見たり、雰囲気が良かったので結局付き合うことになった。

 

正直最初のほうのデートで1日中一緒にいるというのはなかなかないと思うのだけど、ベトちゃんはずっと一緒にいる予定だったみたいなので流れに押されて毎日夜10時くらいまで一緒にいてそれから解散だった。でも不思議と気まずくはなくて、お互いかなりリラックスしていたと思う。このころからすごく付き合いたいなぁと思うようになった。

 

ちなみにベトナム人男性だからデート代はどうするのだろう…と不安になったり(フィリピン人元カレのトラウマw)したが、彼は1から10まですべて払ってくれたので、逆にびっくりした。ベトナムではデート代は男性持ちが基本らしい…うーん、なかなか大変だなと思った。

 

そんなこんなで付き合うことになったベトナム人彼氏だったけど、最初はスムーズすぎて軽い人なのかなってとても心配していた。けれど、彼はとてもベトナムではモテるようだったけどすごく誠実で、ピュアで、愛情深い人だったのでそのギャップに驚いた。ベトナム人男性はピュアな人が多いと思う。あと恋愛に結構重きを置いている人が多いので、安心して付き合える気がします。