純ジャパ女子が海外で戦うブログ

生まれも育ちも日本の田舎!純ジャパのアラサー女子が海外で仕事したり恋愛したりの奮闘を描くブログ。ネタしかない人生!

ヒモになるプロであるフィリピン人男を破産させた話

 

f:id:a_k_s:20180522174247p:plain

フィリピン人の男はまったくもってヒモになる天才であると言える。こればかりは私も感心してしまうわけであり、ちょっとうらやましくもある。

 

フィリピン留学中にとてもかわいい日本人Sちゃんと出会った。Sちゃんは学校の食堂スタッフであったイケメンフィリピン人と遊ぶようになっていった。Sちゃんもかなりの遊び人だったんで、まあ真剣な付き合いではないのだろうと見守ることにした。

 

フィリピン人イケメンとのデートは基本割り勘であったらしい。しかし、徐々にその割り勘は減っていき、最終的にはSちゃんが払うようになっていった。しかも、従妹や兄弟の教材費が買えないという理由でフィリピン人イケメンはSちゃんにお金をたかるようになったらしい。

わたしからするとこんな美人なSちゃんと体の関係を持てるだけでも飽き足らず、さらに金までせびるとは本当にフィリッピン人男はすげーなぁと思っていた。

 

しかしお金に関しては私も負けたくない。その一心で、フィリピン人元カレを破産させたことがある。元カレとはいろいろあってすぐに付き合うことになったのだが、最初はめっちゃチャラいな~って思っていた。最初からホテルに誘ってくるくらいダメ男であった。私もイケメンと遊べたら万歳!くらいだったんで特に何も考えてなかった。

 

しかしなぜかその交際に関してフィリピン人元カレRは結構真剣だった。実家に連れて行ってもらったり、クリスマスなどのファミリーイベントに来てほしいといわれ、地元の村中の人に紹介されることになった。(これが原因で後々地獄を見るのだがそれは別記事でいつか書く)

 

いろいろ事情もあり、周りに内緒で付き合っていたので会う場所はいつもホテルだった。ビジネスホテルといえども一泊1000ペソ(3000円くらい)するので、日本人からすると屁でもないが月の給料が7000ペソのフィリッピン人からするとかなりの出費である。

全額ださせるほど私も鬼ではないので、割り勘にしてもらっていた。それでも500ペソ。まあまあの出費。しかし私は何もその時考えていなかった。

しかし、元カレのRはきっちり払ってきた。フィリピン人男にしてはやるじゃねえかと思っていたが、それは友人や家族からの借金だったことがのちに発覚する。2000ペソ程度借金をしていたらしく、フィリピン人にとっては結構な額だったので私も驚いた。

 

しかしそこで払ってやってはヒモ男の思うつぼなので、私は断固金を出さなかった。その結果、Rとはほかのトラブルもあり別れることになった。ちなみに元カレはその借金を返すためゴリラみたいなおばさんと付き合ってお金をもらっていた。(この話も今度書く)

 

結果的にはかわいそうなことをしたかもしれないが、本気で日本人女性と付き合おうと思えばそれなりの金が必要になるというプライドは譲れなかった。私は恋愛中もその辺はかなり冷静に考えることができるほうなので、流されることはない。(誤解の内容に言っておくが、Rは歴代彼氏の中で最も夢中になった彼氏でもある)

 

貢ぐ体質の女性はフィリピンへ行くべきではない。貢ぎ地獄に陥ってしまう前に、フィリッピン人男性は金持ちを選びましょう。