純ジャパ女子が海外で戦うブログ

生まれも育ちも日本の田舎!純ジャパのアラサー女子が海外で仕事したり恋愛したりの奮闘を描くブログ。ネタしかない人生!

フィリピン人男の執念!別れたら壮絶な長期戦になった話

 

f:id:a_k_s:20180522180039p:plain

立つ鳥跡を濁さず。そんな言葉はフィリピン人男には存在しない。

捨てられたら地獄の果てまで追ってくるのがフィリピン人男。そして、妊娠させたらどこまででも逃げ切るフィリピン人男。そんな愛すべきフィリピン人男と壮絶な別れを体験した。(※ちなみに妊娠はさせられていない)

 

前回の記事でも紹介したが、元カレRはフィリピン人男であった。とにかく顔がイケメンだったので付き合ったが、結構好きだった。いやまじで。でも周囲は大反対だった。親にも絶対結婚しないでくれと懇願されていた。(かなり好きだったがそこはまずないと思っていた)

 

彼はバツイチ子持ちであった。フィリピンでは離婚が認められていないため、別れたくても法律上はわかれていない場合がほとんどだ。Rも若い時に結婚し、そのまま別居になり、妻と真剣で争っている状態であったそうだ。

 

オフィシャルガールフレンドになってしまった私は、付き合って数か月たった頃、彼の地元の実家にお邪魔した。その時に元カレが私を地元の人に見せびらかしてしまったため、その情報が元妻に入ってしまったらしい。ここで発揮されるのがフィリピンの嫉妬心。自分より幸せに、しかも日本人女性となんか許せない。と火がついてしまった元妻は、それから元カレをストーキングするように。(信じられないことに、元妻もすでに彼氏がいたという)

 

Facebookで元カレにかかわるすべての人とフェイクアカウントで友人になり、私のことを聞きまわっていた。ついに私にも連絡が来るようになり、身の危険を感じてしまった。Rも親権争いに不利になるのと、私に危害が及ぶことを恐れていたようだったので、いったん距離を置こうと私から提案した。しかし、めんどくさくなってしまった私はそのまま別れを告げた。

 

私としてはきれいさっぱり別れられたのであーよかった!と安堵していた。しかし地獄はこれからだった。わたしはRと別れた後に金持ちのフィリピン人男性からアプローチされていた。それを知ったRは怒り狂い(別れた後なのに…と思ってた)、仕事を首になった後も無理やり私と同じ職場のゴリラみたいなおばちゃんと付き合いだした。そして、毎日私のもとにそのおばちゃんとのラブラブっぷりを見せつけるためにやってきた。しかし相手はゴリラおばさんだったので皆で失笑していた。

 

もっと厄介だったのがゴリラおばちゃんにRはすべてを話していた。それが広まり、近辺のフィリピン人たちから私は悪女としてイジメにあうようになってしまった。おばちゃんはなぜか以上に私に対して嫉妬心や対抗心があり、かなり苦痛を受けた。おばちゃんはRにお金を貢いでおり(裏のほうでこっそり渡してた)、どこかで本当に愛ではないことに気づいていたのかもしれない。フィリピン人男の常とう手段はこのような当てつけ行為にある。しかもしつこい。

 

さらに、Rは日本へ行くと言い出した。もう私はノイローゼ寸前であった。そしてあれから2年。私は安全な国におり、新しい彼氏もできた。しかし、元カレRは削除されたアカウントのプロフィールを新しい彼女に変えては私にリクエストを送り、幸せアピールをしようとしている。でもまたその彼女が不細工なのでスルーした。

 

このようにフィリピン人男は執念深いうえに、嫉妬心が半端がないので付き合うときは気を付けたほうがいい。っていうか、付き合わないほうがいいと思う。経験者としていえることは、付き合って得なことは何もないよ!ってこと。